エチオピア レフィサ アバディール ナチュラル

¥1,290 税込
税込価格

■カッピングコメント

レーズン、ストロベリー、ブラックティ、キャンディ、熟した果実、スムースな口あたり、ジュシー、心地よい調和 / Raisin, tropical, black tea, candy, ripe fruits, smooth mouthfeel, juicy, tuning

Raisin
strawberry
Black tea

 

■ロースト

(浅い) 0
77
100 (深い)
浅煎
中煎
中深煎
深煎

■プロセス

ナチュラル
ウォッシュド
ハニー
アナエロビック

■バランス表

■生産地

Ethiopia 

■内容

  • 農園
    レフィサ・ウォッシングステーション / Refisa washing Station
  • 生産者
    アト・アバディール・フッセン / Ato Abadir Hussen
  • 農園面積
    23.0ha
  • 都市・地域
    西アルシ県、ネンセボ、レフィサ村 / West Arsi region, Nensebo, Refisa village
  • 標高
    1,940masl
  • 品種
    ウォリショ、クルメ / Wolisho, Kurume
  • 処理方法
    非水洗式 / Natural

■ストーリー

 

レフィサ・ウォッシング ステーションは、ネンセボ ウォレダの中心部にあり、合計 648の農家がレフィサ、ロリチョ、ブルガ、リリパからレッド チェリーを配達しています。アディスアベバの南約 400キロのオロミアに位置するネンセボ・ウォレダには、合計 5,000ヘクタールのコーヒーを生産する小規模農家が集まっています。ネンセボの平均的な農場規模は2ヘクタールで、生産者は近くのベールマウンテンの森に由来する野生の品種を含む、さまざまな在来種のコーヒーを栽培しています。
 
この特定のコーヒーは、Ato Abadir Hussenから来ています。西アルシ県レフィサ村出身。アバディールと彼の家族は、2012年にコーヒーの木を植え始めるまで、10年前に農場で地元で栽培されたトウモロコシを取引していました。彼の農場は合計で約23ヘクタールです。彼はサクランボが完全に成熟するまで待ってから、家族と一緒に収穫し、コーヒーが乾くまで約15日間、アフリカの高床式乾燥ベッドで乾燥させます。
 
村の農家は、2011年に地域行政が広範な農業改革戦略の一環としてコーヒーをさらに栽培することを決定したときに、コーヒー栽培文化に紹介されました。West Arsiのコーヒーは、2015年にECXでSidamoのプロファイルの下で最初にオークションにかけられ、2019年には独自のカテゴリーを獲得しました。今日、ウェスト・アルシのコーヒーは、カップ オブ エクセレンスのファイナリストに選ばれることがよくあります。

上質なエチオピア・ナチュラルのフルーツ感あるフレーバーと甘さが素晴らしいコーヒーです。

coffee beans processing

ナチュラル(非水洗処理)
 独特のフルーティーな甘さ
ウォッシュド(水洗処理)
 爽やかで優しい果実感
ハニー(パルプドナチュラルセミウォッシュド)
 甘味と酸味のバランスがとれた風味
アナエロビック(嫌気性発酵)
 スパイスやリキュールのような奥行ある味わい